2011-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の言葉が相手の心へ届く瞬間

皆さんは
「自分の言葉が相手の心へ届く瞬間」
というのを感じたことがあるだろうか。

風向きがサッと変わり、そこへ丁度良く光りが差したとでも表現すればよいか。

まさにタイミングである。

どんな言葉も、相手の準備が整っていないと、耳では聞き取れても心へ届くことはないと思う。
そうは言っても「相手に準備が出来ているのかどうか」判断するのは至難の業である。

運と勢いに頼らなければいけない部分も多いように思う。

先週の土曜日に、私はこの貴重な瞬間を味わうことが出来た。(と、思っている。)
「感無量!」と言える。今後の展開がとても楽しみだ。


さて、昨日の夜から東京である。
思っていたよりも涼しい、というか夜は寒い。

今朝も、いつものように井の頭公園を散歩。
新緑が美しく、しっとりとした空気。なんと気持ちのよかったことか。
サラリーマンらしき人が背広をぬいでベンチにかけ、バイオリンを弾いている。
会社へ出社する前のエクササイズのようなものなのだろうか。
私たちの心まで癒されるような風景である。

家へ帰る前に、スターバックスへ寄った。
吉祥寺も驚くほどあちこちにあるが、パルコから交差点を渡って中道通りに入り
すぐ右側にあるスタバが実家の一番近くになる。

店内に入ると何ともこ奇麗で、雰囲気がよい。
スタッフにうちで入れるにはどのコーヒー豆がいいか聞くと、ていねいに説明してくれ、
豆を挽いている間に、「これをお試し下さい」と一杯入れてくれるではないか!

素晴らしい心使い
「お待たせして申し訳ない」という気持ち

日本へ来ると毎回、新鮮に感動・感心し
そして、すっかり自己中心のわがまま者になった自分を反省する。
悪いところだけ並べ立てると、
自分を主張し、
上手く言い訳をし、
そして自分を正当化する
「西洋文化の悪い部分」に汚染されている自分に時々ハッとさせられることがある。

誤解しないでもらいたいが、西洋文化にもいいところは沢山ある。
しかし、何故だか日本へ帰ってくるといつも「反省」する気持ちになる。

明日は、父の手術の日である。
朝早くに病院を訪ねることになっているので、早く寝るとしよう。



スポンサーサイト

Onsen Techniques® Volume 4 in Kingscliff 最終日

Volume 4 最終日。
前日までの復習と、持久力テスト、前腕へのアプローチを新しく学ぶ。

そして、私のクライエントの一人であるケビンにモデルとなってもらった。
Volume 4 の内容で評価・施術させてもらうのに最適だったので、頼んで来ていただいた。

IMG_1324_convert_20110529130832.jpg

2週間ほど前にカナダから帰って来たケビン。
50キロくらいの何かを持ち上げようとした時に首を痛めたという。
私はマッサージを中心にトリートメントしていたので、ジェフは骨格系からアプローチした。

OAとAAを評価・施術。


IMG_1329_convert_20110529131751.jpg

そうしたら、回旋もだいぶ改善された。


IMG_1330_convert_20110529132116.jpg

側屈にはまだ少し制限がある。


IMG_1331_convert_20110529132302.jpg

上部僧帽筋リリース


IMG_1333_convert_20110529132439.jpg

T4のトラクション

ジェフが今日出した結論は、
OA, AAジョイントの機能不全
上部僧帽筋と肩甲挙筋、頭板状筋・頸板状筋、後頭下筋の緊張が問題点。
来週の木曜日にフォローアップしてもらうことになった。


IMG_1339_convert_20110529132625.jpg

最後にAさんモデルで、胸椎の回旋。

今回も盛りだくさんの内容であった!

Otsukare sama deshita~

Onsen Techniques® Volume 4 in Kingscliff 2日目

ジェフのお孫ちゃん達が夜中にぐずったそうだ。
先生、少しお疲れ気味?かと思えば、結構今日もスムーズに日本語が口から出て来ていた。

人間の記憶とは不思議なもので、ずーっと前に私が教えた表現が頭にこびり付いて離れないらしい。
ベターな言い方の方を覚えてほしいけれど・・・。


さて、Volume 4の2日目。

IMG_1260_convert_20110528200133.jpg

本日のハイライト、頸長筋リリース。
頸長筋が短いと頸椎のカーブが少なくなり、首の機能に大きな影響を与える。
事故などのトラウマを経験した患者さんのために、是非覚えておきたい方法である。


IMG_1242_convert_20110528192520.jpg

肋骨1番のリリース。


IMG_1246_convert_20110528192720.jpg

アタッチメントがある、前斜角筋をリリース。


IMG_1250_convert_20110528193040.jpg

ポーカーフェイスのAさん。終わってから
「うえ~痛かった!」とおっしゃっていた。


IMG_1265_convert_20110528193914.jpg

シュレックのように身体の大きなリチャード。
棘下筋のMTJリリース。


IMG_1274_convert_20110528194245.jpg

肩甲下筋は小結節にアタッチメントが。


IMG_1282_convert_20110528194513.jpg

リリースは横向きが楽。


3日目の明日は、私の患者さんの一人がモデルとして来てくれることになっている。
ジェフがどのように評価して施術・リハビリを進めていくかが、楽しみである。



Onsen Techniques® Volume 4 in Kingscliff 1日目

Onsen Techniques® セミナーもVolume 4に。今年のKingscliffでのセミナーはこれで最後である。
上半身の機能的評価と施術法。
上半身の筋アンバランス、肩関節の問題と頸椎・胸椎エリア障害との関わり。
かなりコンプレックスなので、何回聞いても「新しい情報?」と思う部分があり、
ジェフに何度も同じ質問をしてしまう。

今日の内容をかいつまんでご紹介。

IMG_1148_convert_20110527183205.jpg

内在筋のフリクションマッサージ


IMG_1154_convert_20110527183414.jpg

上肋横突靭帯へのアプローチ


IMG_1156_convert_20110527183553.jpg

肋骨のコンプレッション


IMG_1157_convert_20110527183736.jpg

肋骨グライド


IMG_1174_convert_20110527183938.jpg

腕神経叢テスト


IMG_1186_convert_20110527184137.jpg

小胸筋リリース


IMG_1193_convert_20110527184317.jpg

斜角筋リリース


IMG_1210_convert_20110527184458.jpg

肩甲挙筋リリース


今回も、役立つ情報で盛りだくさんである!
さあ、明日も頑張ろう。





シクシク痛む?

どうも、梨状筋と腰方形筋がシクシクと歯痛のように痛む。
私の骨盤帯&腰帯にまだ不安定性が存在することは間違いないが、
「関節かな?」
「神経かな?」
と思い始め、
我らがカイロプラクターのブラッドに診てもらった。

L5とS1の右椎間関節がスタックしている。
「今回はL4は大丈夫だけど、L5とS1だね。」
「それで、骨盤がこういう風に歪んでいて・・・」
という説明を聞いてみて、
「あたってるな・・・」と今更ながら、彼のスキルに感心。

アクティベーターでアジャストしてもらう。

数回はやってもらわないと効果は出始めないような気もするが、
今後どう変わってくるかが楽しみである。

今日はRodneyにもディープマッサージをしてもらってしまった!
なんかその後、またシクシク痛むなー。
もう少し様子をみないと何とも言えない。

梨状筋?

「何時に来ますか?」(取引先とのミーティングの時間を約束する設定で)
ジェフが私に質問。

「10時から行きます。」
(ここで「伺います」と言いたいのをがまんするタクティクスを覚えた。
知らない表現を使うと機嫌を損ねるので

ここですかさず、「午前ですか?午後ですか?」とジェフ。
言葉をいろいろと覚え始めたので、挑戦する気らしい。

「午前10時です。」と答えたが、
「午後10時に、会議で会社を訪れる人は居ないってば!」
と口をついて出て来てしまったことは言うまでもない。


さて、私自身のエクササイズ、トレーニング&コンディショニングの話であるが、
どうも、いやな感じがする。

右・殿部の奥の方~に鈍痛が出て来た。1ヶ月くらい前から少しづつひどくなっているように思う。
私の右側・下半身、序々に悪化している?どうもすっきり治ってくれない。

症状を感じるのが、右・梨状筋と腰方形筋。そしてハムストリング。
しかし、このハムの状態が少し改善されつつある!
Rodneyスタイルのピラティスが効いているのかも?
明日、Rodneyのレッスンなので、もっと質問してみようと思う。


IMG_1139_convert_20110523211306.jpg

これは日本で購入してきた8mmのマット。
実は同じメーカーの9mmのマットを大阪のセミナーで使用している。
使ってみて品質が分かっていたので、色のセレクションの多い8mmの方でオーダーした。
色もお気に入りで、ご機嫌でオーストラリアへ持って帰ってきたのだが・・・。

Coolyのホット・ヨガスタジオでは、
じゅうたんの上へマットを敷くため、8mmでは厚過ぎることが判明!
え~っ、結構重い・思い(ダジャレ?)をして持って帰ってきたのに!


IMG_1141_convert_20110523211456.jpg

どうしても使いづらくて、今日買ったのがこのオレンジの方!


IMG_1142_convert_20110523211726.jpg

このプチプチが付いているタオルは滑り止めとなり、かなり使いやすい。
プチプチ面を下にして、マットの凹みと上手く噛み合わせるようにする。
ホット・ヨガをしている方は、トライする価値は大いにある。



10年ひとむかし

今日は久しぶりにサーファーズパラダイスまでドライブ。
ゴールドコースト・エアポートは化粧品などの品数が少ないので、
サーファーズのDFSへ行って来た。

買いたかったものは全て揃い、カヴィル・アベニューへ出ると・・・、
お店が増えて、立派なパームツリーが植えられて、ずいぶんと洗練されたな~という印象。
一昔前の田舎とはちょっと変わった。
歩いていると、私が小さくなったような感じがして?!(絶対にそんな訳はない)
街が大きくなったのだ。

「10年、一昔。」とはよく言ったものだと思う。

ムキをベビー・カーに乗せて歩いた道。
朝の早い時間にハードロックの入っているショッピングセンターに来て、
まだお店の開店前のセンター内を、ヨチヨチ歩きだったムキを自由に歩き回らせたこともあった。

ムキが小さかった時、私は肉体的にも精神的にも余裕がなかった。
今、思い返すと「小さい子のいるお母さんライフ」をあまりエンジョイしてなかったな~と思う。
後悔の気持ちが少しあるのと同時に、「子育て」とはそんなものかもしれない、とも思う。
だから、おじいちゃん・おばあちゃんになると孫を可愛がる余裕が出てくる。
親の大変さも理解してくれる。

家族の繋がりとはかけがえのないものである。

懐かしいな~と感傷的になってしまい、一人でカメラを出して写真を撮る気持ちにはなれなかった。
ムキでも一緒に居たら、はしゃいで撮れただろうけれど

ハムストリング

だんだんと良くなってくるかな・・・と思ってほっておく。
「ほっておく」というと投げやりな感じだが、
「積極的にアプローチしない」とでも言っておいた方が上手く当てはまるだろうか。
誰もが期待することのように思う。
実際に、自然と治ることもあるのだし。

しかし・・・
私の右ハムストリングの緊張は2ヶ月間取れない。
若干、改善されたような気はするが、「気のせい?」というレベルである。

「ほっておいた」わけではないが、
「ピラティス」も「ストレッチング」も「ホット・ヨガ」も、
このハムを緩められたかというと答えは「No」である。
今日、妹分のDebbieから来週の火曜日に予約を入れる為、電話が入った。
そういえば、Debbieが言ってたフィジオに会ってみたいと思いながらまだ行動に移していない。

骨盤底筋が上手くリフトされる感覚が分かってから、右鼠径部の痛みはピタリと治ってしまった。
しかし、残されたのがハムの緊張である。

Rodneyとのピラティスでは、
ハムのストレッチングよりはむしろ強化を意識してトレーニングしている。
使って緩める・・・。上手くいくか?
ホット・ヨガではあまり無理して伸ばそうとしない方が良さそうだ。


”で”???

ジェフの日本語の上達ぶりは目を見張るものがある。

昨日の話。
「あずさ-さんはコーヒーを飲みながら、パソコンで仕事をします。」

と言われた時にはどうしようかと思った。
あまりにもちゃんと表現出来ていて!

Macの横にコーヒーカップがおいてあって、実際は居眠りしていたのだが(笑)!

それにしても、文法をちゃんと理解したい!というのは私も英語に対して同じ気持ちがある。
ジェフのように「自分の言いたいこと」がはっきりしている性格だと、
増々フラストレーションを感じるのはよく分かる。

言語の学習というのは、「ルール通りに沿っていけば」となかなか行くものではない。
例外だってもちろんあるし、頻繁に使う表現は一般的な変化を活用出来ないことも多い気がする。
ジェフが少しつまずきかけたのが、数を数えること。
いろいろと変化する数え方を習得するのに苦労した。
ひとつ、ふたつ、みっつ・・・
1本、2本、3本、
1枚、2枚、3枚、
そして日にちの数え方も!一日(ツイタチ)二日(フツカ)・・・
時間の言い方・・・
「出来るようになった」と納得出来ないと先へ進めない性格なので、
ずいぶんとそこでスタックしていた。

「ここはちょっと置いておいて、先へ進もうよ~」

と提案しても受け入れてもらえない。
困った生徒である。

ある程度、数え方を習得したところで(さすが!)
ようやく、次のユニットへ進んだところである。
覚えた表現を応用して自分の言いたいことがずいぶんと言えるようになっているな、と感じる。
しかし、何事もそうだと思うが、いろいろと分かってくると「疑問に思う部分」も増えてくる。
「て・に・お・は」はだいぶ理解できているようであるが、やはり「助詞」の使い方は難しい。

たとえば「で」

レストランでの「で」とひとりでの「で」は違うのだと説明しても
なかなか分かってくれなかった。
私も英語の前置詞が完璧には説明出来ないので、会話がすごいことになってしまう。

やれやれ、大きく飛躍する前の嵐のような気がするので、なんとか乗り切ることにしたいと思う。


ハワイへ

DSC00135_convert_20110517191507.jpg

とうとうムキがハワイへ向かう日が来た。夫はハワイで待っている。私は今回は留守番。
12時。
ゴールドコーストでセキュリティーを通り抜けた後。とりあえずはSUMO SALADA で腹ごしらえ。
13時の飛行機で私も一緒にシドニーへ飛ぶ。

シドニーの国内線空港から国際線空港へはバスか電車で移動しなければいけない。
それなのに、彼女は「一人で行ける」と言い切っていた。

自信を持って欲しいという親の願いもあるが、
14歳の女の子を一人でシドニーへ行かせて、国際線へ乗り換えさせる親が居るだろうか?
とにかく、結論は私がシドニーまで付いて行くことになった。


DSC00136_convert_20110517191601.jpg

シドニーの国際線・チェックインカウンターでスタッフが心配そうな様子。
「以前に一人で飛行機へ乗ったことあるの?」
「一人でカスタムを通って行かれる?」
!!!当然である。

しかも、15歳以下なので親のサインがないと出国出来ないらしい!
ほらね~、やはり付いて来て正解であった。

5時までコーヒーを飲んだり、ムキはアサインメントを少しやったりして過ごす。
その後はスタッフがエスコートしてくれるということで、安心して任せることに。

来週までしばしのお別れである。
いってらっしゃ~い


ムキ・出発準備

おニューのサングラス

IMG_1136_convert_20110515194854.jpg

RobinaやTweed のショッピングセンターで買って来た服とサンダル。
スカート短いな~

IMG_1137_convert_20110515195043.jpg

初めて、彼女の出生地であるハワイへ旅立つ日が近づいている。


Wow 脱帽&最敬礼

今朝はムキが朝7時からアルバイトのため、Coolyのカフェでドロップ。
そのついでにビーチ沿いのいつも散歩コースをウォーキングしてきた。

今日もいい天気である。

帰って来てから、コーヒーを飲みながら樹木希林さんの会見を見た。

!!!!!
彼女はやはり「タダ者ではない」。
あの潔さ!カッコいい!!
私のような凡人に到底まね出来る訳のない技である。

ハンパではない。
自分が何を想い、何を発言してどうするのか、はっきりとしている。
そして何よりも好感が持てるのが「正直」なところ。
「計算」という言葉が感じられない。
素晴らしい!の一言である。

私の今年の目標「平常心」に「タフで潔く」もプラスすることにしよう。
あくまでも ”目標” ではあるが (笑)

Love & Peace



Let it go

「Let it go」
口で言うのは簡単だが、実際に行うのは難しい。

続けてエンジョイしている、ホットヨガ。
水曜日の90分のレッスンもコートニーが先生だった。アメリカ人の新米インストラクター。
いかにも初々しい。

ホットヨガを経験している方はご存知と思うが、
レッスン中に先生はまくしたてるようにしゃべり続ける。
その日の集中力に欠けている時は、指示がすーっと耳に入って来ない。
逆に集中できない時に、「まくしたてるようにしゃべる声」が
気になってしょうがいないこともある。

タイミングよく上手に指示してくれないと、肝心なところでポイントをつかめない。
「ここでもっとプッシュしないと」というところを逃すと汗をかく量も少なくなるし、
バランスを崩し、効き目が少なくなるような気がする。

水曜日のレッスンで彼女が口に出した言葉で、心に残った部分があった。
「呼吸だけに集中して」
「邪念が浮かんで来たら、しっかりと確認してそれから離していって」

考えたくないことが浮かんで来ても、”しっかりと確認して”それから手から離す・・・
頭の中でベルが鳴ったような気がした。

「Acknowledge it, and let it go」

それにしても、未だに鼻を通して息をするのが苦手で、レッスン中に口を開けてしまう。
呼吸がもう少し改善されれば、コアの入り方も変わってくるだろうと認識している。

最近のピラティス。
Jennyはもうすぐ出産のため、Rodneyが見てくれている。
Rodneyにはいつも丹田に力が入っているかチェックされている。
ピラティス中の呼吸のことも今度聞いてみよう。


Toni

あ~、忙しい日々を過ごしている。ヒマなのもつまらないが、忙しすぎるのも消耗する。


IMG_1122_convert_20110512195419.jpg

去年TAFEを卒業したToni。去年2年生だった時から何かあると、私の治療室へ来てくれていた。
彼女は腰椎から頸椎までいろいろと問題がある。肩関節も。
今回は3ヶ月くらい集中して自分のために時間とお金をかけたいということで、
まずは、ジェフに評価してもらい彼の意見を聞こうということになった。

まずは腰椎、骨盤・仙骨の部分から評価していく。
神経系の症状が大腿部へ出ている。

IMG_1125_convert_20110512195552.jpg

症状が腰椎の椎間板が原因なのかどうかチェック。
英語ではSitting Slump Testという。
バリエーションを加えて、上体を回旋させたり、脚を内転・外転させてテストしていく。

ジェフの評価だと、腰椎・椎間板が神経を刺激しているのではなさそうだ。

IMG_1133_convert_20110512195909.jpg

仰向けで股関節の回旋をテスト。

IMG_1135_convert_20110512200131.jpg

うつ伏せでもチェック。
股関節の評価から、大腿骨頭が原因でもなさそうだというジェフ。
そうすると何が原因なのだろうか。

骨盤はそれほど歪んでいないが、仙骨はずれている。

ここで、私が一言。
「前にトレンデレンバーグがあったのですが・・・」

そこでジェフもチェック。
なるほど、左を支持脚にすると仙骨が腹側へ倒れて
上体が右へ大きく回旋する。

結論は、まずは不安定性を取り除かないと・・・という話。
やはりそうか。

IMG_1132_convert_20110512195733.jpg

見よ!この真剣な眼差し!現在TAFE2年生のブライアンとクリスチャンも見学。
Toniも真剣にジェフの話に耳を傾ける。

Toniにはまずピラティスを始めることを勧める。
コアを安定させて、バランスを整えることが何よりも大切。
骨盤帯・腰帯が安定すれば頸椎や肩関節への影響にも変化が起こるだろうと期待できる。
私はピラティスのインストラクターと連携して
ほぐした方がいい部分をドライニードル、マッサージで緩めていく。
というのを基本的な方針とすることになった。

患者さんを紹介し合っている2つのスタジオのうち、
Jennyはもうすぐ赤ちゃんが生まれるので、Lisaのスタジオを紹介することに。
近くに信頼できるスタジオがあるのは非常に有り難いこと。
素晴らしいネットワークに感謝である。

Toniのこれからのプログレスが楽しみである。


チャイニーズ・メディスンの威力

IMG_1120_convert_20110509193512.jpg

これは私が煎じて飲んでいる、漢方薬である。
私の子宮にはかなり大きな筋腫がいくつかある。
その治療のために飲み始めたのがこの中国ハーブティーなのだ。

今日は朝から体がだるく、眠くってどうにも仕事が手に付かない。
軽くランチを食べてから、「昼寝しないと午後もたないかも・・・」と考え、
「そうだ、昼寝するならチャールズのところで昼寝しよう!」と思いついた。
漢方ハーブを調合してくれるのが、チャールズ。鍼灸もやってくれる。
鍼を入れてもらい、ヒートをあててもらって気持ちよく30分ほど昼寝。
自分のいびきで途中何度か目を覚ました(笑)

鍼灸のあとは、不思議と筋腫があって張っている部分が緩む気がする。
そうすると、コアも入りやすくなる。
血行もよくなり疲れも少し取れたみたいだし、いいこと尽くめである。

今夜もホット・ヨガで気持ちよく汗をかいて、心地よく疲れた。
チャールズの漢方茶を飲んで、おとなしく早寝することにしよう。



Happy Mother's Day

IMG_1052_convert_20110508194221.jpg

ムキから母の日のプレゼント!


IMG_1054_convert_20110508194359.jpg

ウキウキ箱を開けると・・・


IMG_1055_convert_20110508194527.jpg

じゃ~ん!
欲しかったパールのイヤリング!!
実は木曜日にモールで一緒に購入した品。費用は半分づつ。


IMG_1113_convert_20110508195030.jpg

つけた感じは思っていた通り。気に入った!


IMG_1056_convert_20110508194830.jpg

朝食のコーヒーは自分でいれて、ラップはムキ作。
マルチグレインのラップ、ハムとゆで卵、とろけるチーズにバーベキューソース。

しっかり食べたら、母の日の今日も仕事。

評価する際のランドマークの復習に、評価・施術方法と一通り練習。
Volume 3の頸椎・胸椎を練習した後、Volume 1の骨盤・仙骨、腰椎のエリアも復習。
Aさん、Cさんの頭の中にクエンスチョンマークが飛び交っているのが
目に見えるようなシーンもあったが(笑)3日間よく頑張っておられた。

頸椎は特に、ランドマークを的確に触知し、障害を正確に評価、繊細に施術する・・・
この流れを習得するには、それなりの練習が必要である。
あきらめずに使用して、序々に身に付けていっていただきたい。

IMG_1114_convert_20110508195821.jpg

「君たちは写真をこうやって撮るでしょ?」とジェフ。
私とCさんもピースサイン!Aさんはカメラマンになってくれた。


Onsen Techniques® Volume 3 in Kingscliff 2日目

Onsen®セミナー、2日目。

IMG_0887_convert_20110507184213.jpg

環椎の横突起を触知する時のランドマークを確認。前日の復習を行う。


IMG_0906_convert_20110507184432.jpg

施術する側の姿勢も大切。ジェフは膝にしっかりと肘をのせる。


IMG_0924_convert_20110507184601.jpg

頸椎から胸椎への移行エリアは、こうやって評価していく。
どちらかの横突起が背側へ回旋していないかを判断する。


IMG_0943_convert_20110507184914.jpg

施術のデモンストレーション。
移行エリアの施術は3つのステージに分かれる。


IMG_0925_convert_20110507184731.jpg

実際のボディで。頭から頸椎にかけて軽く圧をかけると触知しやすくなる。


IMG_0990_convert_20110507185044.jpg

評価の練習。胸椎を伸展させるのって結構むずかしい。


IMG_0994_convert_20110507185230.jpg

足を台などにのせて安定させてあげると、患者さんが前へ倒れそうな感覚を防げる。


IMG_1014_convert_20110507185855.jpg

回旋の制限が胸椎からきているのか、それとも肋骨が原因かを評価。


IMG_1023_convert_20110507190634.jpg

肋骨のリリースをスケルトンで説明。


IMG_1042_convert_20110507190817.jpg

立位での肋骨リリース。


IMG_1051_convert_20110507190955.jpg

最後にタイプ1障害の施術の復習、患者さんにピッタリと「くっつく」のがコツである。

1日が終わるのはあっという間だが、こうやって見ると今日も盛りだくさんであった。
今日は早く寝て、明日に備えることにしようと思う。

ところで、私のbeyondmassageのメールアカウントが
何らかの理由でメール受信不可能となっています。
ご迷惑をおかけしますが、azusamorita67@gmail.comまでメール下さいますようお願い致します。


Onsen Techniques® Volume 3 in Kingscliff 1日目

今日から3日間、KingscliffでOnsen Techniques® Volume 3 が開催される。
頸椎・胸椎の歪みを評価し、マッスルエナジー・テクニックを使用して施術していく方法を学ぶ。
内在筋のほんの少しの収縮(ホールド&リラックス・ストレッチング)を利用して、
骨格・関節の歪みを矯正しようとするもの。
ソフトな手技なので、患者さんが痛みを感じることも最小限に押さえられる。
そして、ボキッと強い力を加えることがないので恐怖感を感じないで済む。

IMG_0845_convert_20110506191529.jpg

今回は今までと教え方のオーダーを変えて、
頸椎のタイプ2障害(Onsen Techniues®の繊細さが最も力を発揮する部分であると、私は思う。)
細かく練習が必要な部分にフォーカスを当てることにする。

1日目の今日は、OA関節とAA関節。それから頸椎3番から5番までのタイプ2障害。

OA関節の評価・施術では環椎の横突起を触知する。

IMG_0841_convert_20110506192357.jpg

こんな感じ。


IMG_0834_convert_20110506190805.jpg

スケルトンで練習。


IMG_0856_convert_20110506192626.jpg

AA関節の施術は軸椎の棘突起を触知する。


IMG_0864_convert_20110506192821.jpg

実際の首だとこのあたり。


IMG_0873_convert_20110506192959.jpg

AA関節の機能不全は実はタイプ1障害である。後頭下筋の緊張からくる、そのリリースが必要。


IMG_0876_convert_20110506193222.jpg

AA関節の施術の練習の後は、その下へ続く頸椎の歪みを評価。


IMG_0878_convert_20110506193412.jpg

頸椎の評価は腰椎や骨盤の評価の時とは違い、かなり感覚に頼る部分が大きい。
私もこの「感覚」を身につけるまでにはかなりの時間がかかった。
「練習あるのみ」である。

明日はタイプ2障害を語る上で重要な移行部の評価と施術。
腰椎から胸椎へ。胸椎から頸椎へ。カーブの方向が変化するこの部分。
椎間関節が他の部分よりも薄く、障害を起こしやすい箇所である。

出会いは宝

話は日本滞在中へちょっと後もどり。

食べて、飲んで、よく喋って・・・と大忙しで写真を撮り損ねてしまったが、
28日の木曜日にはOL時代の友人と会った。
機関銃のようにしゃべるYちゃんと、おとなしいけれど芯のしっかりしているEちゃん。
話を聞いてあげて、聞いてもらって、皆で支え合ってOL時代を共にした。
会社に居たあの人が今はどうしているとかいう話が出ると、
時間が経過していることを認めざるを得ないが、
私たち3人の雰囲気は変わらない。時間を一緒に過ごして心地よい仲間。

心を許して信頼のおける友人は「宝」である。
友情の糸がプツリと切れてしまうのはあっという間だが、絆を育てるにはそれなりの月日がかかる。
今日欲しいと思って、明日手に入るのもではない。

「人間」の心と身体の両方に非常~に興味のある私。
”人との出会い” を何よりも大切にしている。


さて、話は変わって
DSC00111_convert_20110430222008.jpg

この感動的なシンク。
吉祥寺・丸井のお手洗いで発見。
デパート・駅、エアポートなどのお手洗いのシンクの周りというのは
たいていビチャビチャに濡れている。自分の服も濡れそうだし、なんか気持ち悪い。
しかし、これだと、シンクの中で手が乾かせるようになっている!!
私が手を洗い終わった後、誰もいなくなったので思わず、パチリッ!


30日の夜。ジェットスターから5月1日の直行便・欠航の連絡が入る。
出発が1日延びたところで、友達と会うのを明日の5月1日にし、今夜はお寿司屋さんへ。

DSC00112_convert_20110430222047.jpg

付きだしのいか。しょうがにお醤油がいい感じ。


DSC00113_convert_20110430222110.jpg

海鮮サラダはシーフードたっぷり。ドレッシングは醤油ベースの和風。水菜がおいしかった。


DSC00114_convert_20110430222137.jpg

すし職人のSさん。ジェフと訪れた時にも彼が握ってくれた。


DSC00115_convert_20110430222201.jpg

父が頼んだ、いかげそ。おいしそう!


DSC00116_convert_20110430222223.jpg

父はちらし寿司。


DSC00117_convert_20110430222248.jpg

私は春の特選にぎり。


DSC00118_convert_20110430222316.jpg

母は量を少なめに、にぎりの竹。


DSC00119_convert_20110430222341.jpg

吉祥寺・東急9Fの旭鮨さん。
ここのお寿司はどこよりもおいしい。私の大のお気に入りである。


翌日、儲けた1日を有効に過ごそうと新宿へ。
友達との待ち合わせは1時半。京王プラザのティールームにて。

DSC00121_convert_20110503183206.jpg

アフタヌーン・ティーを予約しておいた。


DSC00120_convert_20110503183119.jpg

左はシーザードレッシングのかかったお野菜。右はクリームチーズ、きゅうりと”とびこ”のラップ。


DSC00122_convert_20110503183255.jpg

左から、ポークのプラムソース煮、レモン風味のクロワッサン、
素朴な味のコロッケ、キャベツとベーコンのクリームスープ。


DSC00123_convert_20110503183342.jpg

ゴージャスなスイーツ。
彼女は小食だけれど、甘いものに目がないのだとか。
こんなに長い間友達なのに、新しい発見。


DSC00124_convert_20110503183428.jpg

リッチなカスタードの入ったシュークリーム、いちごがフレッシュなショートケーキ
イチジクのタルト


DSC00125_convert_20110503183525.jpg

白玉団子にきな粉餅、抹茶アイスに刺さっているのはさつまいものチップス
そして、小豆かと思いきや黒豆がとろりと煮てあるものが添えてある。
意外と濃厚な抹茶アイスに黒豆と白玉団子が最高に合う!美味!!
奥は「メロンのスープ」なるもの。こちらは、さっぱりとした味わい。

鍼灸師の彼女とは大学時代からの付き合い。
久しぶりにゆっくりとおしゃべりして、
今度はセミナーの時に会えるといいねと話して別れた。


DSC00127_convert_20110503183614.jpg

最終日の朝。父が柏餅を買っておいてくれた。


DSC00128_convert_20110503183659.jpg

私は前日に新宿の中村屋で苺大福を購入。もちが本物の風格を表している。
大きな「とちおとめ」が2個入り。
なるほど、完全に丸めなくてもこの方が中にしっかり入るというわけかな。

1週間、すっかり日本でのグルメをエンジョイさせてもらってしまった。
次は父の手術が6月1日にあるので、5月30日にまた戻ってくることになっている。




帰国

5月1日(日)の夜発で成田を出発するはずが、2日連続で直行便のキャンセル。
5月2日(月)にシドニー行きでカンタスにお世話になることになる。
シドニーへは5月3日(火)の朝7時ごろ到着の予定で、
ここからゴールドコーストへ行きへ乗り換える訳だ。

しかし、2日も連続で直行便をキャンセルするなんて、やってくれますジェットスター!
どこにも”経営”という問題があるので、いたしかたない部分もあるのかもしれない。
現状は、日本からの海外へ旅行する人だって少ないだろうし、
海外から日本を訪れる人も少ないということだ。

カンタスのフライトは非常に快適であった。
ディナー時には魚料理とシャードネーを味わい、食後に出て来たホットチョコレートをエンジョイ!
行きのジェットスターのフライトでラッセル・クロウが出ている「The last 3 days」の
結末を見損なったので、最後の方だけ見てエンディングを知ることが出来、ホッとした。
後はほとんど寝て過ごす。
隣のブロックに座っていた女の子のベイビーがよく泣く子で何度か起こされたが。
まあ、飛行機の中なんてそんなものだろう。

シドニーへは時間通り到着。小雨でどんよりとしている。
エアクラフトを降りた時の疲れた気分とマッチしていたので、何だか安心した。
乗り換えはそれなりにスムーズに行き、ゴールドコーストへ到着したのが11時近く。
こちらは晴天。さずがは「Sunshine State」である。
一旦家へ帰り、車に乗り換えてクリニックへ。

そう、今日は仕事が入っている。

午後の一人目は最近Tattooを入れたカレン。
二人目は前の患者さんの紹介で来られた女性”カタリーナ”。
腰痛が主な症状。
評価していくと・・・・
じゃーん!左・トレンデレンバーグサイン・ポジティブ。かなりはっきり分かる。
腰痛がある患者さんに、非常に多いとジェフも言っている。
次々と出てくるアンバランス、トレンデレンバーグ・ポジティブによる代償かと思えるものばかり。

説明を始めると、
「そういえば歩く時、左へ曲がっていってしまう。」とカタリーナ。
左足で立つ時、右・骨盤がドロップするので、
左へ上体を倒して、右側の骨盤を引き上げようとしているからかもしれない。

股関節の回旋は両側ともバランスが整っているようだったが、右のハムストリングが非常に短い。
これも歩行の際に右・骨盤がドロップしてしまうので、
右膝を曲げて右脚をスイングさせているためと思われる。

右・腰方形筋も代償で緊張していたので、そのリリース。
右・ハムストリングのマッサージとストレッチング。
左・中殿筋のストレッチングと強化エクササイズ。

この3点からスタートしてみた。

来週のフォローアップが楽しみである。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Azusa Morita

Author:Azusa Morita
ゴールドコースト在住の
治療・スポーツ
マッサージセラピスト
Jeff Murrayの秘書&通訳

いて座・O型
生粋のおっちょこちょい
 
オーストラリアで
Diploma Remedial Massage
を取得
保健体育の教員(日本)
専門は水泳

ハワイではPADIの
オープンウォーター
インストラクターを取得
オアフ島在住中に3年間指導
そういう訳で元カマイナ

Kingscliff TAFEで
Diploma of Remedial Massageを勉強中、2006年に
Jeff Murray との
運命の出会いを果たす

ジェフはシドニーオリンピックの
スポーツマッサージ部監督者
イアンソープとグラン・ハケット
の元専属トレーナー兼セラピスト
 
ジェフのクリニックの一室で
・治療・スポーツマッサージ
・ストレイン・カウンター・ストレイン
・ドライ・ニードル(西洋式鍼)
・Onsen Techniques® 
  アメリカ発の整体技術
・リハビリテーションエクササイズ
(フィットボールなど)
・スポーツテーピング
(ケガ治療、リハビリのサポート)

などを取り混ぜた
症状と原因にアプローチする
”評価ベースの統合的な治療”
を目指しています

今でも初心を忘れず
毎日が修行と勉強です

仕事・仕事の毎日ですが、
趣味は料理

特にお菓子作りが大好きで
シュークリームから
大福・どらやきまで
作れます!

ホームページへも
遊びにいらして下さい!

http://www.beyondmassage.jp

セラピー・ケガ治療だけでなく
その他いろいろな
ゴールドコースト情報も
アップしていきますので
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。