2011-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嘘」

ウソをついたことのない人はいないだろう。
私もそこまでナイーブではない。
ティーンの娘には「ウソ」はいけないこと、と教えなければいけないが、
私にも10代はあった訳で、そりゃウソぐらいつくだろうと心の中では思っている。

やましいことがあって、ウソをつく。隠そうとする。

自分自身も含めて、肝に銘じておかないといけないのは
「隠し通せない」ということである。

人の道を外れたようなことをすれば、
バレなくても、自分自身を裏切れば、自分に返ってくる。

経験で学ぶことだと思うので、
ムキにはあまりガミガミ言わないようにしている。


スポンサーサイト

チャンスは必ず訪れる

以前、うちの庭の世話をしてくれているKさんが言ってたことがある。

「人生の中にはじっとチャンスが来るのを待たなければいけない時がある。」
「そういう時にジタバタするな。」

高校の恩師 "I先生" は

「チャンスは皆に平等に訪れる」
「ただ、それを掴む用意が出来ていないといけない。
砂浜でボートが来るのを待っていて、ボートまで泳ぎつけるかどうかは自分次第だ。」

と。確かどこかの講演で先生が話された内容を見たんだったと思う。




選手宣誓??

私たちは複雑な社会の中で生きている。
人間としての存在も、人間関係もそう単純にはいかない。
白なのか黒なのか、はっきりしないのが世の中である。
グレーゾーンを認識し、そして
それに耐えられるようになったのは、私も歳を取った証拠かもしれない。

昨日もまた目に留まった「泥棒ねこ」(正確にいうと~のような人の存在)
人の目を見れずにコソコソと隠れるのは、やましいことがある証拠である。
隠れるのであれば、完璧にバレないようにするべきだ。
中途半端は、一番みっともない。
その人の問題であって、私の問題ではない。
しかし、「体育会系・女子」の気質により、どうも気持ちが悪くてしょうがない。

そういえば前に、同僚の女性に言いたいことを手紙に書いて渡されたことがある。
「なんで?直接話してくれないのか?」と娘に漏らしたところ、
彼女曰く、私には「人に与えるちょっとした威圧感」があるのだそうだ。
しかし、だからどうしたというのだ。「コソドロ」はこそ泥である。

「正々~堂々~と~、戦うことを誓います!」選手宣誓するスポーツマン達。
しかし、正々堂々と戦うことは言ってみれば当たり前のこと。
それを、何故わざわざ声高らかに誓うのか?

当たり前であるべきことが、当たり前ではないからだろうか?


「乳がん・リサーチ」のためのチャリティー

週末に「乳がん・リサーチ」のためのチャリティー・イベントがブリズベンで行われた。
土・日と2日間かけて270kmの山道を自転車で走るというチャレンジだったらしい。
このイベントは運営した人、関わった人達の全てがボランティアで、
スポンサーの募金は全額リサーチへ寄付されたそうだ。
オーストラリアはこの手のイベントが大好きである。
とにかく、スポーツが身近な存在なのだ。

これに参加した女性の2人が、私と同僚のAmandaのところへトリートメントを受けに訪れた。

私のところへ来たのは長身のMichelle。
2009年に1年間TAFEへ在席していた、ジェフの教え子である。

腸腰筋、大腿直筋、縫工筋、内転筋、腰方形筋、中殿筋などがバリバリに緊張していた。
ここが緊張するということは、どこに弱さがあるのか?不安定な関節は?
骨盤帯を安定させるには?などといろいろな話で盛り上がってしまった。

少しは楽になっただろうか?


ピロリ?

まだドクターに診てもらっていないが、どうもまたピロリにやられた気がする。
胃の調子が悪い・・・
先週からどうもおとなしめの私である。
ヨガも3日間もお休みしてしまって、木曜日のピラティスからなんとか復帰。
今週はドクターのとこへ行かないと。

体調を崩すと「健康」の有り難みを再認識。
「身体を大切に」しないと、である。

しみじみ 
気分は大丈夫!なんといってもタフな私であるから!! 


Onsen Volume I in Sydney

先週末はシドニー出張であった。Onsen Volume I のTA としてクラスに参加。
通訳でクラスへ出る時とは違った緊張感がある。

今回は、地元のセラピスト数名に加えて、妊婦のケイティ、
航空自衛隊の任務がもうすぐ終わるマイケル、
TAFEを去年卒業したジェフの教え子・フランス人のヴェロニック、
ニュージーランドから来たモーリーン、ロシア人のエリ、キャベラから来た日本人のTさん、
と、なんとも国際色豊かなクラスであった。

今回も例外でなく皆の頭を混乱させた、仙骨のバイオメカニクス、特に仙骨ツイストの動き。
腰椎のタイプ2障害。施術の動きをしながら、何が起こっているのかを考え始めると
猛烈に頭が混乱してくる。
それでも、なんとかチャートを見ながら、早速皆さんが使ってくれているといいが・・・。


シドニーへ来るのは兄夫婦と会えるという楽しみもある。

義姉が用意してくれた、心温まるディナー!
IMG_0392_convert_20110814191214.jpg

新鮮なオイスター
IMG_0393_convert_20110814191359.jpg

おくらと納豆の相性のいいこと!だいこんもさっぱりで美味。
IMG_0394_convert_20110814191701.jpg

ワインを片手にリラックスできた週末であった。
話も合うし、兄夫婦が同じ国に住んでいて良かったなと思う。



2012年1月 Jeff Murray と Azusa の来日セミナー

2012年1月の来日セミナーの詳細をウェブサイトにアップしました。
どうぞご覧下さい!

http://www.beyondmassage.jp


Girl's night

愛娘・ムキとサーファーズパラダイスまでお出かけ。
ディナーは以前に友人に教えてもらった「Alfresco」で。

IMG_0384_convert_20110811195136.jpg

IMG_0388_convert_20110811201302.jpg



ムキは大好物の「カルボナーラ」
クリームだけを使っているところもあるけれど、
ここのは卵の黄身をしっかりと使った「本物」だ!と分かったようなことを言うムキ。
IMG_0386_convert_20110811195332.jpg


私はシーフードのパスタ。オリーブオイル、ガーリックにチリが効いている。
IMG_0387_convert_20110811195506.jpg


今週末はシドニーへ出張なので、しばしのお別れ。
IMG_0391_convert_20110811195705.jpg


シドニーでは兄家族と久しぶりに時間を過ごし、「Onsen Volume I」の週末が待っている。




ホット・ヨガへ復帰 - 今日で3回目

7月の後半はなんだか落ち着かなかった。
患者さんも私が帰ってくるのを待っていてくれたので、毎日の仕事も忙しくて(有り難いことだが)
雑用も溜まっていたし。

8月に入って、ようやく先週の月曜日から「ホット・ヨガ」へ戻った。
バランスは上手く取れないし、大腿の筋肉も殿部の筋肉も明らかに弱っている。
「こんなに簡単に、身体ってバラバラになってしまうのか?」という感じである。

Jenny はまだベビーが生まれたばかりなので、仕事に戻れる雰囲気ではなく
Rodney がものすごく忙しそうで、私の入るスペースがない!
どうしよう・・・ピラティスなしで身体を立て直すなんて考えられないし、なんとかしないと。

ピンチ!


来日セミナー回想編21 ー 2011年7月15日(金)帰国

いつもと同じ時間に目覚める。
しかし、シャワー、朝食、メイク・・・と時間配分を考えなくてもいい朝。
「あ~終わったんだな」と実感する。

今朝は茅場町駅近くのスタバで朝食。
IMG_0374_convert_20110729193037.jpg

何故かというと、Wifiのサービスがあったからなのだが、
ジェフのipadは日本のプロバイダーと契約していない為、使えないことが判明。
残念・・・。大阪は梅田で、アネックスの地下にあるカフェに行った時に繋げられたのだけどな。
ジェフはipadで使える日本語辞書をダウンロードしたいのだ。

ジェフは今回もっと喋れると思ったのに、”思うように喋れなかった” のだそうだ。
「自信をなくしてしまった。」などとジェフらしくないことを言っている。
どうしてそうなったのだろう?
私としては、ジェフの日本語は前回・1月と比べてかなり上達したと思うのだが・・・。
多分、かなり理解出来るようになっているのに、”それと比べると話せない”
ということなのではないかなと思う。

外国語とはそんなものだと思うけれど。
私だって英語を聞いて理解する方が、自分で話すよりもうんと簡単である。
ジェフは人一倍おしゃべりだし、(口が軽いという意味ではなく、話すのが好きという意味)
”言いたい事” がはっきりしている性格だから、もどかしいのは分かる。

滞在先へ戻って、ジェフは片付けてパッキングを始めてくれ、
私はDVDをコピーしてくれるところへ送る最終準備をする。
今回の反省や、次回はこうしようなどと
お互いに思いつくことを口に出しながら、手を動かす。


午後1時。ランチタイムが終わる前にお昼を食べに行く。
近くにある定食屋さんで。

ジェフは具沢山スープ定食
IMG_0376_convert_20110729193214.jpg

私は生姜焼き定食
IMG_0377_convert_20110729193413.jpg


食事を終えた後は、いよいよ滞在先を出発する最終準備を済ませ、
東京シティエアーターミナルからバスで成田へ向かう。

フライトに変更はなく、チェック・インもスムーズに終えて。
カンタス・クラブで今回最後の乾杯!

今回の一番の収穫は、ジェフと私の喋るペース・長さの「息が合った」こと。
特にこうしようと決めごとが合った訳ではないが、
3年間の経験の中で培った、まさに「あ・うんの呼吸」である。

私が一番嬉しかったのは、
今回はこうするのだと私がフォーカスしていた部分に、ジェフが気が付いてくれたこと。
日本人が口に出さない部分を、西洋人が理解するのは難しいと思う。
”感性豊か” で "良く気が付いてくれる” 上司を持つ事が出来、
私も仕事のやりがいがあるというものである。これからも増々精進していきたいと思う。

今後は
今回の反省点である、
理論の説明をどうやって加えていくか(実技の時間を減らしたくない)
重複している部分を見直し、クラスを組み立て直す
難易度に対応した時間配分・・・
などなどを考慮に入れ、2012年1月後半に次の来日セミナーを計画している。


本当にお疲れさまでした。
皆さんとの出会いに心から感謝致します。

どうか身体に気をつけて、ご活躍下さい。
また会える日を楽しみにしております。


Cheers!



来日セミナー回想編20 ー 2011年7月14日(木)頸椎/前腕/腕神経叢

最終日の今日は、「頸椎/前腕/腕神経叢」である。

IMG_0351_convert_20110729190928.jpg

午前中は特にOA(環椎後頭関節)の評価と施術にたくさんの時間を費やした。
自分の臨床経験から言っても、OAは非常に大切な部分だと思う。
「急に首の可動域に制限が出た」場合はまず、OAをチェックするといい。
痛みがひどいことによって周りの筋も緊張してしまうので、
時間が過てば過つほど、筋肉を伸ばしてしまったか?と思ってしまいがちだが、
問題は関節にあることが多い。

OAとAA(環軸関節)の評価と施術法を取り入れていけば、
今までと違った結果を出せるのではないかと思う。是非トライしていただきたい!


今日のランチもまたまた「新しい場所の開拓」
和風ダイニング「じげもん」
これは、ジェフが食べたカツ丼なのだが、私が「卵とじ」の説明が上手く出来ずに
ポークがブレッドクラムでディーブフライされていて・・・と全部説明が終わってなかった段階で
じゃ、それ。選んでしまったので、誤解が生じてしまった。
「とんかつ」がカリッと上がって出てくるのをイメージしてしまったようだ。
IMG_0353_convert_20110729191603.jpg

私のはメンチカツ。「こっちを食べれば?」と言ってもカツ丼の方を食べたジェフ。
ご機嫌ななめのまま。
IMG_0354_convert_20110729191745.jpg

ジェフと私の間にいや~な空気が流れる中、
隣のグループのうち3人が揃ってたばこを吸い始めたので、気分が悪くなり始めた。
ジェフが終わったところで、早々にレストランを後にした。
たばこ問題をなんとか早く解決してもらいたいものである。


午後の部のメインは、腕神経叢テストと徒手療法の側面からみたアプローチ法。
C6のトラクションと神経ストレッチングのコンピネーションは、何度見ても興味深い。

2011年6・7月来日セミナーのツアー最終日。いい1日だったと思う。
気持ちよく最後を迎えることが出来た。

IMG_0355_convert_20110716190144.jpg


今回最後の懇親会は、銀座「Desse」。
有機野菜とこだわりの食材を使ったイタリアン。ワインもとってもおいしい!
IMG_0364_convert_20110729192008.jpg

いろいろな種類の中から、それぞれ好みのディッシュを頼んだ。
IMG_0365_convert_20110729192719.jpg

食べて、飲んで、すっかり満足した私たち。最後のデザートが素晴らしかった!!
IMG_0373_convert_20110729192425.jpg

名残惜しかったけれど・・・
「身体に気をつけて」とか「また次回!」とか言いながら皆さんと別れた。




来日セミナー回想編19 ー 2011年7月13日(水)胸椎/肋骨/胸郭出口症候群

大阪の「胸椎/肋骨/胸郭出口症候群」
でも書いたが、
今日のメインは、痛みの原因が胸椎なのか、肋骨なのかをどうやって見分けるのかということと、
肋骨がスタックしていた時のリリース法だったと思う。

脊柱まわりの内在筋へのアプローチ法や、胸椎のモビラゼーション、
肋骨のコンプレッションやグライドなども
明日から使える技術を身に付けていただけたのではないだろうか。

胸椎のエリアは、ダイレクトにケガをしたのではない限り(強い衝撃とか)、
頸椎か、腰椎+仙骨の歪みによる代償で影響が胸椎にも出ている、というケースが多い。
当然のことかもしれないが、やはりトータルでみて評価することも大切。

あと、肩関節にケガをしている場合は、
胸椎のモビラゼーションや肋骨へアプローチすることも覚えておくと良い、ということである。


今日のランチはまた別のイタリアン「Tanta Luna」へ。

ここも、まずは前菜から。
IMG_0327_convert_20110729183727.jpg

自家製のパン。ハーブが効いている。
IMG_0328_convert_20110729183900.jpg

ジェフ先生、スマイル!
IMG_0329_convert_20110729184038.jpg

私が食べたパスタは、ズッキーニとこの黄色いのは「からすみ」
さっぱりしているようで、しっかり味があるというか・・・。
IMG_0330_convert_20110729184234.jpg

素敵なカップで出てくるコーヒーも美味!
上品な雰囲気のレストランである。
IMG_0331_convert_20110729184409.jpg


1日を終えた、今日のグループ。皆さんちょっとお疲れ気味?
 O'Clock が近づくといつも「一人で」嬉しそうな私。
IMG_0332_convert_20110729184550.jpg


さて今日は、ピラティス・トレーナーのKさんと
大学時代からの友人で鍼灸師のJoと4人でディナー。
Kさんは1月のOnsen Volume 3 の時から参加して下さっており、
Joは一番最初にOnsen Volume 1 を開催した時に参加してくれた。

私たちは日女体トリオ。体育会系「ミート・ヘッズ(Meat Heads)」である。
あ、こんなこというと怒られるかな?ミート・ヘッドは私だけか?
IMG_0345_convert_20110729184943.jpg

銀座「梅の花」で豆腐懐石
IMG_0336_convert_20110729185629.jpg

傑作の豆腐しゅうまい
IMG_0339_convert_20110729185802.jpg

お豆腐田楽
IMG_0340_convert_20110729185941.jpg

テーブルの真ん中で作る新鮮なお豆腐を
麻婆豆腐っぽくして食べる。
IMG_0342_convert_20110729190247.jpg

お上品なデザート。抹茶のプリンが美味!
IMG_0343_convert_20110729190432.jpg

楽しい時間を過ごせたことに感謝。
IMG_0348_convert_20110729185432.jpg



わざわざ来てくれた Jo ありがとう!
Kさん、冬には「ちゃんこ鍋」に付き合ってもらいたいと思ってますが、いかがでしょうか?



さあ、明日は最終日である!




来日セミナー回想編18 ー 2011年7月12日(火)上半身ベーシック

今日から上半身の3日間。
まず初めは「上半身ベーシック」
大阪でのクラス

肩関節、肩甲骨、ACジョイントに関わる筋肉のアンバランスをテストし、
その筋膜リリース、筋肉の正しい触知・リリース方法を学んだ。

棘上筋、棘下筋、肩甲下筋をどう触知し、リリースするか?
患者さんが痛みを感じすぎない方法について、
細かいところまで学んでもらえただろうか?


ランチブレイクは「新しいレストランの開拓」の続き。
「トラットリア・コッレ」へ。

前菜のハム。マスタードとよく合う。
IMG_0305_convert_20110729181707.jpg

レストラン内は近くでお仕事されている人達でいっぱい!
大盛りも無料というサービスぶり。
パスタの茹で加減も最高である。
ジェフも一口食べて「Al dente!」と言っていた。
私が食べた、なすとトマトのパスタ
IMG_0307_convert_20110729181840.jpg


デザートまで付いて、ランチセット1,000円。素晴らしい!!
マンゴシャーベットがとっても夏らしく、おいしかった。
IMG_0308_convert_20110729182005.jpg

気配りはバスルームにまで!油取り紙があって、メイクを直すのに早速使わせていただいた。
IMG_0309_convert_20110729182206.jpg


ジェフは何事においても" 鋭い目" を持っている。とにかく「よく見ている」のだ。
レストランを出てから聞いたのだが、
シェフがパスタをお客様に出す前に必ずちょっと味見をしていたというのだ。
「こだわり」を感じることが出来る。
支払いを終えて、ジェフが「おいしい!」とシェフに向かってお礼を言った時の
彼の反応が素敵だった。
「私が大切にしているところを感じ取ってくれたのですね」という顔だった。
「本物」を感じさせてもらった瞬間だった。
次に1月に来る時には、懇親会でお世話になってもいいかなと話している。


午後の部で、午前中に分かりづらかった箇所が、少しはクリアになっただろうか?

筋膜・筋肉のパッシブとアクティブリリースの説明で、
少しクラスが混乱してしまった場面があったが、あれから皆さんそれぞれ納得出来ただろうか?
実際に使ってみて、感触はどうだろうか?

肩関節の機能を考える上で、
身体がどのように肩甲骨をホールドしていて、
腕を動かす時に肩甲骨がどのように機能しているかを考えることが大切である。

IMG_0310_convert_20110729182346.jpg



今日の O'clock は茅場町で
IMG_0314_convert_20110729183107.jpg

ギネスのドラフトで乾杯。
IMG_0315_convert_20110729183300.jpg

焼きたてのピザが上手い!クラストがカリカリ!!でも硬くない。
IMG_0325_convert_20110729183455.jpg

イギリス調の店内。
川沿いにある素敵なこのお店で、ゆっくりと日が暮れて行くのをエンジョイすることが出来た。
IMG_0312_convert_20110729182715.jpg


明日は、「胸椎・肋骨・胸郭出口症候群」である。





来日セミナー回想編17 ー 2011年7月11日(月)東京でブレイク

下半身の4日間が終わって、何だか少し気が抜けた。
東京では大阪で一度やって来ていることもあって、
クラスの参加者へもう少し目を向ける余裕が持てたと思う。
「反省点・改善点」はもちろんあるが、自分としては納得のいく仕事が出来た4日間であった。

ジェフもホッとしている様子である。


午前中、私が事務処理とDVDマスターの作成をしている間、ジェフは片付け、洗濯をしてくれた。
そして、今日は六本木ヒルズへ映画を観に!

まずはランチ。「麻布 久徳」で稲庭うどんを。
私が食べたのはランチセット。右は豚肉ベースの暖かいうどんで、真ん中はキムチの冷たいうどん。
左は漬けマグロ丼。少しづついろいろな味を楽しめる。
IMG_0298_convert_20110729180722.jpg


展望台から東京タワーを観賞。
IMG_0299_convert_20110729180932.jpg


それから、スティーブン・スティルバーグの「Super 8」を鑑賞。
IMG_0303_convert_20110729181159.jpg


日本で買う食べ物はポップコーンでも特別おいしい?!
本当に。バター&塩もキャラメル味もパリッとしていて、楽しむことが出来た。
IMG_0304_convert_20110729181352.jpg


映画自体はストーリーがあるのか、ないのか分からないような内容だった。
映画としての迫力はあったかもしれないけれど・・・。
ジェフも「最後の少年たちが作成したフィルムが一番良かったかな」とちょっと皮肉。
しかし、ゆったりエンジョイした1日であった。

気が抜けたなどと言っていないで、明日からの3日間に備えて、
もう一度気合いの入れ直しである。



来日セミナー回想編16 ー 2011年7月10日(日)仙骨と骨盤のバイオメカニクス

昨日は、腰痛の評価、施術、コンディショニングを行う上で大切な、
仙腸関節をとりまく筋膜・筋肉・靭帯の理解を深めていった。
機能的側面から見た昨日、今日は骨格・関節の側面から攻めていく。

仙骨と骨盤はランドマークは大きいとは言っても、大きいからこそ触知するのが難しい部分もある。
例えば、PSIS。「PSISの一番とがっているところ」「PSISを下から」「PSISを外側から」など、
触診する側の繊細さが要求される。
動きを感じ取るのだって、今習って、すぐに出来るかというとそうはいかないかもしれない。
仙骨溝は筋膜の緊張を緩めて評価すると、
ずいぶんと見やすくなるし、評価も変わってくることを忘れないで欲しい。

よく使われる2つの施術法を学んだが、
「使ってみよう」という気持ちになってもらえただろうか?

IMG_0293_convert_20110729175848.jpg

下半身の最終日だった為「今日でお別れ」の人が何人かいた。
セミナーの何日間かを一緒に過ごすと、こちらの情も移るので「別れ」はさみしい。

演歌で ”人生は川の流れのように・・・” なんて歌詞を聞いたことがあるような気がする。
「出会い」があって「別れ」があって、「出来事」に遭遇して
「ひっかかったり」「溺れかけたり」しながら、それでもとにかく川は流れ続ける。
流れの中でどう対処していくかは、自分次第である。

怒って過ごしても、泣いて過ごしても、笑って過ごしても、時間が止まることはない。
病院、治療院、スポーツのフィールドで皆さんが壁にぶつかることもあるだろう。
しかし同じ流れにのるのなら、ハッピーなジャーニーを!!

これからもそれぞれの分野で活躍してくれることを期待している。
皆さんのご健闘を祈る


さて、今夜は私の両親と4人でしゃぶしゃぶを食べる日である。
前から楽しみにしていた吉祥寺の「ぶどうや」。

IMG_0294_convert_20110729180119.jpg

通訳しながら食事となるといつも写真を撮りきれなくて、しゃぶしゃぶの写真もなし。
くずきりをネットに入れて鍋に入れ、1分くらいで食べれるのがおいしかった。
野菜もたっぷりいただいて、上等のビーフもエンジョイして。

ごちそうに花を添えるのは、「セミナーツアー」の話。
参加者の方からのフィードバックがとてもいいこと、これからも広がっていきそうだという話。
珍道中の笑い話。ジェフの日本語学習の話。白川郷やスーパー林道をエンジョイした話。
何よりも、今後のジェフのセミナーツアーが他の地域にも広がりそうな話をとても喜んでくれた。

母の脚は相変わらず腫れていて、歩きにくそうだったが、
おいしそうにしゃぶしゃぶを食べていたので、少し安心することが出来た。

最後は、きしめんで〆て。さっぱりとした味わいでそれほど重くなく、とっても良かった。

IMG_0297_convert_20110729180313.jpg


ごちそうさまでした!



来日セミナー回想編15 ー 2011年7月9日(土)仙腸関節の機能的評価

またまたエキサイティングな2日間の始まり!
仙腸関節、仙骨と骨盤のバイオメカニクスと進んでいくと、
クラス内では質問が飛び交い、ジェフも教えるのが大好きな部分なので盛り上がる。

IMG_0284_convert_20110729173557.jpg

腰痛の評価、施術、コンディショニングを行う上で、
仙腸関節をとりまく筋膜・筋肉・靭帯の理解を深めることはとても大切だと思う。
最近のリサーチによると、仙腸関節の機能が骨盤底筋や腹横筋、横隔膜にも影響するということだ。
私も仙腸関節がひっかかったような状態の時に呼吸が浅くなった経験があり、
その繋がりを実感している。
当然トレンデレンブルグとも関係があり、筋のバランスをどう整えて、筋をどう使って
仙腸関節を安定させられるかは、多くのアスリートにとっても大きな課題なのではないだろうか。

ランチは私たちのお気に入りのカフェ「Cafe 415」で。
IMG_0283_convert_20110729173401.jpg

夜はパーティーなので、サンドイッチで軽く。
IMG_0282_convert_20110729173114.jpg



O'clock は会場近くの中華居酒屋「東北餃子楼」で。

東京へ来る時の楽しみのひとつは、ここで皆さんと懇親会をすること。
料理がおいしくて、飲み物の値段もリーズナブル、そしてサービスが抜群に良いのだ。

前菜の盛り合わせ
IMG_0286_convert_20110729174059.jpg

エビのチリソースはほどよい辛さ。
IMG_0285_convert_20110729173753.jpg

春巻きと鳥の唐揚げもカラリと揚がっている。
IMG_0287_convert_20110729174256.jpg

緑の野菜とキクラゲ
IMG_0288_convert_20110729174436.jpg

懇親会となると、飲んで、人の2倍喋って、そして食べてと忙しい私は写真を撮りきれなかったが、
この他に、「ご飯をパリパリに焼いたもの+あんかけ」「麻婆とうふ」「チャーハン」
「スープ」と「杏仁豆腐」と盛りだくさんで、お腹いっぱいに!

IMG_0290_convert_20110729175656.jpg

楽しいひと時をパチリ!
しかし、HくんはNathanに似ている!!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Azusa Morita

Author:Azusa Morita
ゴールドコースト在住の
治療・スポーツ
マッサージセラピスト
Jeff Murrayの秘書&通訳

いて座・O型
生粋のおっちょこちょい
 
オーストラリアで
Diploma Remedial Massage
を取得
保健体育の教員(日本)
専門は水泳

ハワイではPADIの
オープンウォーター
インストラクターを取得
オアフ島在住中に3年間指導
そういう訳で元カマイナ

Kingscliff TAFEで
Diploma of Remedial Massageを勉強中、2006年に
Jeff Murray との
運命の出会いを果たす

ジェフはシドニーオリンピックの
スポーツマッサージ部監督者
イアンソープとグラン・ハケット
の元専属トレーナー兼セラピスト
 
ジェフのクリニックの一室で
・治療・スポーツマッサージ
・ストレイン・カウンター・ストレイン
・ドライ・ニードル(西洋式鍼)
・Onsen Techniques® 
  アメリカ発の整体技術
・リハビリテーションエクササイズ
(フィットボールなど)
・スポーツテーピング
(ケガ治療、リハビリのサポート)

などを取り混ぜた
症状と原因にアプローチする
”評価ベースの統合的な治療”
を目指しています

今でも初心を忘れず
毎日が修行と勉強です

仕事・仕事の毎日ですが、
趣味は料理

特にお菓子作りが大好きで
シュークリームから
大福・どらやきまで
作れます!

ホームページへも
遊びにいらして下さい!

http://www.beyondmassage.jp

セラピー・ケガ治療だけでなく
その他いろいろな
ゴールドコースト情報も
アップしていきますので
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。