2011-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spooky Halloween Yoga

IMG_1020_convert_20111031193526.jpg

本日の主役。ヨガスタジオのMaxi くん。

IMG_1022_convert_20111031193655.jpg

スタジオのオーナーMichelle も魔女の装いで。
1ヶ月ほど前に足底筋膜の一部を裂傷してしまうという、ひどいケガを負ったMichelle。
まだ、足を引きずって歩いているのに、イベントをエンジョイするスピリットは忘れていない。
他のスタッフと共に、スタジオの鏡にまで飾り付けされていた。

Happy Halloween!



スポンサーサイト

メール

来日セミナーへのお問い合わせ、お申し込みのメールが上手く届かないというケースが2件ありました。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
数日過ぎても返信がいかない場合は、お手数ですが、もう一度ご連絡下さい。
メールは以下の2つどちらでも結構です。
azusamorita67@gmail.com
azusa@beyondmassage.com.au

両方に送っていただくのが、一番安全かと思われます。
よろしくお願い致します。
尚、明日から週末3日間、シドニーへ出張です。
メールの返信は月曜日以降になります。


左手でもおはし?

IMG_0990_convert_20111023185732.jpg

先日、肩の手術をしたジェフ。「経過は順調」だが、まだ右手を使っていいというお許しが出ていない。
左でも器用におはしを使えるなんて、すごい!私でも出来そうにないのに。
日本語学習のペースも衰えることはなく、ボードに左手で書いている。
それを見たAmandaが「あれはAzusaが書いたのではないの?」と間違えるほどである。

肩関節内の関節唇のケガがどうなっているのか、MRIを撮ってもはっきりと分からなかった。
上腕骨頭の骨折、関節内の棘、上腕ニ頭筋の腱、などなど。
手術で開けてみるまでは「Confirm」出来なかった部分も多かったのだとか。
MRIはガイドにはなるが、確認できない部分もあるのだな~

しかし、マニュアルテストの結果はほとんど全てがあたっていたそうだ。
肩を実際に動かしてドクターが評価した結果と、
開けてみた時に確認された内容はマッチしていたらしい。

私たちも、もっと自分たちの評価に自信もっていいのではないだろうか?
テクノロジーの進歩は素晴らしいが、
やはり最後は人間の繊細さがものをいう。「腕」であり、「感覚」である。

ジェフがいつも言う。
「Trust what you feel」


IMG_0991_convert_20111023190016.jpg


OAジョイント マッスルエナジーの力

先日の出来事。
急にバランスが取れなくなったというジェフ。
OAジョイントがずれていないかと疑われるような顔の位置。

斜角筋と後頭下筋を念入りにほぐし、OAの調整へ。
下の写真は調整前。

IMG_0987_convert_20111023184808.jpg

そしてこれは、調整後。

IMG_0988_convert_20111023185603.jpg

おおっ!
写真を見て「まっすぐになっているのは気のせいではないですよね?」とジェフ。
立ち上がった時の感覚も違うという。

次は月曜日にフォローアップの予定。その時にどうなっているか、乞うご期待!
そういえば、クロールで泳ぐ時の呼吸の仕方を変えてから膝の調子がどうなったのか聞かなくては。



ビリビリと常に熱い感じの痛みがあり、
動かして負担がかかるとシャープな痛みを感じる。
や~な感じである。

痛い場所は右の外側上顆。

以前に内側上顆が同じように突然痛み出したことがあるが、あの時はピタリと治ってしまった。
どうしたら治ったんだったかすら思い出せない。

10月の1週目に東京の実家へ帰った時から急に痛み出した。
「右腕だし、仕事で負担がかかっていたのではないか」
と誰もが思って当然だと思うが、序々に悪くなっていったのではないし、
どうも原因は神経からきている気がする。
飛行機の中での格好が原因か、荷物の持ち運びが原因ではないだろうか。

そこで、ブラッドに頸椎と胸椎を診てもらうことに。

IMG_0981_convert_20111023183437.jpg

アジャストしてもらう前。服を着たままでも
胸椎は右へカーブしていて、頸椎は左へカーブしているのが分かる。
この写真からは分からないが、左脚が長いために腰椎は左へカーブしている。
典型的なタイプ1障害であり、
勿論、カイロプラクティックで魔法のように治るとは思っていない。
ピラティスを始めたのも、アンバランスな骨盤と脊椎をどうやってマネージしていくか学ぶ為である。
コアを意識し、自分がどうやって身体を使っているのかに「気づく」ことが大切だなと思う。
治療は、患者自身の感覚が一番大切。「Intentions」が全てである。

IMG_0982_convert_20111023183651.jpg

1回目のアジャストメントの後。ここでは、右肩がもっと下がっている!

IMG_0983_convert_20111023183817.jpg

2回目のアジャストメントの後!お~、かなり高さが揃っている。
肘の痛み、少し和らぐような気もするが、どうも気休め程度である。
う~む。どうしたものか。
来週はシドニー出張だし、私の腕が使えませんという訳にはいかない。

どうしたものか??

脚長差

皆さんは脚長差を評価する時、どのようにしておられるだろうか?

先日、広島から柔道整復師のAさんがクリニックを訪ねて来られた。
腰椎ということで、いつもの一連の評価をしていった。
腸骨陵の高さ、立位も座位も同じように右が高かったので、脚長差は気にしなかったが、
「よく脚の長さが違うと言われる」とおっしゃるので、評価してみた。

IMG_0984_convert_20111023184429.jpg

仰向けの状態。右脚の方が長く見えるのが分かるだろうか?右の内果が下がっている。

IMG_0985_convert_20111023184629.jpg

脚は伸ばしたまま起き上がった状態。内果の位置が揃っている。
起き上がってくると、両方とも寛骨が前傾するので、同じ条件で評価出来るようになる訳である。
Aさんの場合は寛骨にねじれがあるために、脚の長さが違って見えるケースだった。



足底筋膜炎

最近、足底筋膜炎をトリートする機会が増えた。
ポイダイアトリストのケビンが患者さんを紹介してくれるからである。

今日は足底筋膜炎の患者さんが2人続けてみえた。
そのうちの一人、ダイアナ。
ダイの痛い箇所は足底の真ん中辺りで、
前回の評価で、立ち方と歩き方から見て筋膜スリングを緩めたら
足底筋膜にある緊張が和らぐと思ったのが的中したようだった。
今日のセッションでは、2年前に右膝を人口にしてからあまり調子がよくないので
リンパ・ドレインニッジにも30分費やした。

もう一人、ロス。
ロスの痛い箇所はショウ骨の真ん中辺りで、
歩き方を見ても、かかとを着く時にショウ骨が倒れる為に負担がかかっていると考えることが出来た。
前回はヒフク筋とハムストリングの遠位を施術したが(背屈に制限があったため)
今日はヒ骨筋の念入りにリリースしてみた。

一口に「足底筋膜炎」と言っても患者さんによってタイプも違う。

ロスとは金曜日に電話して様子を聞くことになっている。


今度は肘

腰、股関節の辺りの痛みも治まり、安定感も出て来ていい感じである。
ところが!まったく今度は肘である。
ビリッと強く痺れるような痛み。神経だと思う。
飛行機で行き来した後なので、首からきている??
今日、Bradに診てもらうと、彼は肩からきているという。
確かにそうかもしれない。荷物の持ち運びで、肩甲骨の安定性が十分でなく、肩関節に負担がかかったか?
それにしても肩は硬い感じはするが、痛みはない。症状はもっぱら肘である。
Bradがアジャストしてくれる前は、上腕骨頭が前方へずれているような感じだった。

明日には少しは治まるだろうか?


結婚52周年

IMG_0948_convert_20111008072440.jpg

結婚52周年。まずはビールで乾杯から。


IMG_0953_convert_20111008072713.jpg

日本へ来ると「まぐろ」のお寿司がうれしい。OZではサーモンがおいしい。

IMG_0955_convert_20111008072740.jpg

えびにのっている「キャビア」が美味!
吉祥寺アトレに出来たお寿司屋さん。


IMG_0956_convert_20111008072808.jpg

うにといくらも食べて、大満足。


IMG_0958_convert_20111008072905.jpg

最後にきたのが「あなご」
海外では「うなぎ」のことが多いのでこれも嬉しい!


IMG_0952_convert_20111008072635.jpg

留学生会館や地元のコミュニティーセンターで囲碁を教えたり、自分でもプレーして楽しみながら、
買い物、家事などをこなしてくれている父。
自分も初期ガンの手術をしたばかりなのに、母の面倒を見てくれる。
昭和一桁生まれの父がこういうことを出来るのは、森田のおばあちゃんの教育があったからだ。
森田の祖母は明治生まれだったが、とてもハイカラな人だった。
男でも、身の回りのことが出来ないといけないと教えたそうである。

きみおばあちゃん、感謝!!


IMG_0951_convert_20111008072556.jpg

母は4ヶ月前よりも元気になったな~と思う。
長期間に渡って放射線治療を行った後、落ち着くまでに少し時間がかかったが、
今では食欲もあるし、夜の睡眠もある程度は確保出来ているようなので、体力もついて来た。

賛否両論はあると思うが、放射線治療とはすごい力があるのだなと思う。
ガンの始まりであった肛門・リンパ節の部分の治療は上手くいった。
医学の進歩のたまものなのだなと、しみじみ思う。
肺に転移しているガンの治療に抗がん剤を使うことは本人もイヤがっているので、
漢方薬・鍼灸などの東洋医学を取り入れてくれる先生の病院を訪ねることになっている。

本人の気持ちもしっかりとしているし、まだ勝負はこれからである。

「ほら、見て!」と周りの人々にもパワーを与えてくれることであろう。
母にはそういう力がある。



日野原先生100歳

IMG_0968_convert_20111010093011.jpg

母は若い時に聖路加病院の事務で働いていたことがある。
その関係から日野原先生・100歳のパーティーへ出席した。

日野原先生はさすがの現役である。
皆でプレゼントした「ピンクの杖」をダンスのように振り回して登場したそうだ。
ピンクがお好きな先生は「杖はおしゃれの為に持っている」とおっしゃったらしい!
そのセンスとユーモアに脱帽である。

これから10年先まで予定が入っておられるという先生。
100歳でスタートラインに立ったのだという先生の言葉には重みと真実味がある。


西荻デート

IMG_0940_convert_20111010085811.jpg

S.F. からも訪日しているおばとのランチは、西荻窪駅近くの「バルタザール・カフェ」で。
八百屋さんの2階にあり、オーナーは長年有機野菜を取り扱ってきたそうだ。
玄米を一口食べるとまるで餅米のよう!
早速おばが質問してみると、普通の玄米だけどまとめて圧力釜で炊くとこんな風に炊けるのだとか。
いろいろ楽しめる「田舎膳」

IMG_0945_convert_20111010085634.jpg

昔と変わらないおばは誰もが驚く70代である!
(こんなこと書くと怒られちゃうかな?)

IMG_0941_convert_20111010085942.jpg

スリランカの「ウバ」という紅茶。濃く入れてミルクで飲むのに合うという、お店の人のおすすめ。

IMG_0942_convert_20111010090116.jpg

お店をインターネットで見つけた時から狙っていた「カスタードケーキ」
しっとりとやわらかく、でもビチャビチャと水っぽくなくて美味!!

IMG_0943_convert_20111010090259.jpg

おばが頼んだ「抹茶のムース」
軽くて甘すぎず◎

3年ぶりに会ったおばと、久しぶりにおしゃべりして楽しいひと時を過ごした。


復活??

私の胃腸の具合い。
結論を先に言うと、胃カメラ・細胞検査と
内蔵のウルトラサウンド(臓器それぞれのサイズを測っていたようだ)
の検査の結果は全て ”白” だったようだ。

やれやれ、大事ではないようだが。
しかし、出されている薬を飲んでいるが、症状が完全になくならない。

来週、GPと相談の予定である。
相変わらずのパワーは衰えないようではあるが(笑)
少々、静かな日々を送っている。

母と病院へ検査へ行った日の朝の出来事。

この日は小雨が降っていた。

渋谷でタクシーに乗ろうとするが、タクシー乗り場にタクシーが来なくて
人々が5、6人は並んで待っている。
そして、なかなか来ない。

予約は9時である。

困ったな~と、じっとしていられずに動き出す。
通りを渡って、角を曲がって来るところで拾おうとした。
3台がそろって曲がってきた時、2台はさっと他の人が乗ってしまったが、
もう1台の運転手とは目も合って、私から合図し、
「さあ、乗ろう」と一歩踏み始めたところで、
さ~っと後ろから走ってきた女性が乗り込んだ!!!

「You've got to be kidding me!」

と腹の中では叫んだが、
腹を立てるよりも、母が車に引かれないように注意をすることの方が大切である。
結論はこの後すぐ来たタクシーに乗り、
予約には少し遅れたが、幸い検査を受けるには支障はなかった。

まあ、私達ももう少し考えて早く家を出ていれば、あわてる必要もなかった訳である。
それにしても、こんなことがあっていいのだろうか?
9時(出社前?)に間に合うかどうかという時間だったので、タイミングも悪かった。
しかし、ヨボヨボ歩く母(母は脚が悪い)と娘の後ろから走ってきて、
横取りしてタクシーに乗り込むなどという行為はオーストラリアでは考えられないことである。
そのまま走り去る運転手も運転手だ!

でも、もちろんプラス面だけではない。
オーストラリア人はのんびりしていて良いが、仕事が遅くてイライラすることだってある。
人を待たせても結構平気だったりする。

日本人は「お待たせしていはいけない」という気持ちがある。きちんとしている。
でもいつも急ぎすぎている??

やれやれ、どっちが良いのかは分からない。


栗ごはん

IMG_0939_convert_20111006204702.jpg

父と作った栗ごはん
知り合いからいただいたという栗を利用した。

栗の内側の皮をむくのが、あれほど大変だとは知らなかった。何事も経験である。
2~3分下茹でして、皮さえむけてしまえば、後は意外と簡単である。
秋の味覚!

味で勝負

IMG_0931_convert_20111006204405.jpg

6月に腎臓の一部を切除した父だが、すっかり元気に。
医学の進歩は素晴らしい。
今日は二人で吉祥寺の " スコータイ” でディナー。


IMG_0936_convert_20111006204534.jpg

ピリっと辛いドレッシングのかかったサラダ


IMG_0937_convert_20111006204605.jpg

大好物の生春巻き


IMG_0938_convert_20111006204634.jpg

エビのペナンカレー

どれもおいしく、エンジョイ出来た。
「味で勝負している」とはっきり分かるお店であった。


The bento box

IMG_0927_convert_20111006204151.jpg

昨日のピザとは打って変わって、秋らしい日本のお弁当。

やはり ”日本食” !である。

Pizza ピザ!

IMG_0925_convert_20111006205130.jpg

ムキとバノーラにあるピザのテイク・アウェイを初めてトライ。
クラストが美味しい!
ローカルでは人気のお店である。

しかし、私もムキもクーリーの「Crust」に軍配をあげた。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Azusa Morita

Author:Azusa Morita
ゴールドコースト在住の
治療・スポーツ
マッサージセラピスト
Jeff Murrayの秘書&通訳

いて座・O型
生粋のおっちょこちょい
 
オーストラリアで
Diploma Remedial Massage
を取得
保健体育の教員(日本)
専門は水泳

ハワイではPADIの
オープンウォーター
インストラクターを取得
オアフ島在住中に3年間指導
そういう訳で元カマイナ

Kingscliff TAFEで
Diploma of Remedial Massageを勉強中、2006年に
Jeff Murray との
運命の出会いを果たす

ジェフはシドニーオリンピックの
スポーツマッサージ部監督者
イアンソープとグラン・ハケット
の元専属トレーナー兼セラピスト
 
ジェフのクリニックの一室で
・治療・スポーツマッサージ
・ストレイン・カウンター・ストレイン
・ドライ・ニードル(西洋式鍼)
・Onsen Techniques® 
  アメリカ発の整体技術
・リハビリテーションエクササイズ
(フィットボールなど)
・スポーツテーピング
(ケガ治療、リハビリのサポート)

などを取り混ぜた
症状と原因にアプローチする
”評価ベースの統合的な治療”
を目指しています

今でも初心を忘れず
毎日が修行と勉強です

仕事・仕事の毎日ですが、
趣味は料理

特にお菓子作りが大好きで
シュークリームから
大福・どらやきまで
作れます!

ホームページへも
遊びにいらして下さい!

http://www.beyondmassage.jp

セラピー・ケガ治療だけでなく
その他いろいろな
ゴールドコースト情報も
アップしていきますので
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。