2012-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンデレンブルグ

先日、ジェフの教え子でアマンダと同級生だったロバートからシェリーという患者さんが来られた。

シェリーはC5/6の椎間板を取り除いて脊椎を繋げる手術を受けられました。
首の調子はまだなかなかよくならないのですが、
2、3週間前から下半身の方へも問題が出て来てしまいました。
右側だけ、神経系の症状が膝まで走ります。

「首のリハだけでも大変なのに、この下半身の神経痛をなんとかしてほしい!」

と私のところへいらしたわけです。

パッとみた感じ、体重がより右へかかっているようです。
トレンデレンブルグをチェックすると「バーン」
左がポジティブ。

左の不安定性の代償で、右梨状筋が緊張し神経を刺激しているのでは・・・というのが仮説。
鍼で左・中殿筋を刺激、右・梨状筋をリリース。腰方形筋もリリースして腰椎のモビラゼーション。
そして、仙骨の施術を行いました。

最後に左右の中殿筋のテスト。やはり左には力が入りにくい。
そこで左・仙腸関節をテープしてみました。かなり安定感が上がり、楽に歩ける感じに。
後は私が来日セミナーから帰国するまでは、フォローアップできないのですが・・・。

シェリーの場合、首の手術で(骨格という面から言えば治すために行った手術なはずですが)
頸椎エリアの機能的バランスが崩れ、頭の位置も変わり、(目の位置も変わり)
そして立ち方、体重のかかり方にも影響が出たのでしょう。
SIJテープをしたことで
ご自分がどんな風に動いているか、少しは気づけるきっかけになったといいのですが。

今年は、患者さんのためにも、自分のコンディショニングの為にも
ピラティスとの関係をさらに深めていきたいです。
「自分がどう動いているか」気づけるかどうかはとても大切です。
自分の身体をもっと improve していくことも楽しみです!


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Azusa Morita

Author:Azusa Morita
ゴールドコースト在住の
治療・スポーツ
マッサージセラピスト
Jeff Murrayの秘書&通訳

いて座・O型
生粋のおっちょこちょい
 
オーストラリアで
Diploma Remedial Massage
を取得
保健体育の教員(日本)
専門は水泳

ハワイではPADIの
オープンウォーター
インストラクターを取得
オアフ島在住中に3年間指導
そういう訳で元カマイナ

Kingscliff TAFEで
Diploma of Remedial Massageを勉強中、2006年に
Jeff Murray との
運命の出会いを果たす

ジェフはシドニーオリンピックの
スポーツマッサージ部監督者
イアンソープとグラン・ハケット
の元専属トレーナー兼セラピスト
 
ジェフのクリニックの一室で
・治療・スポーツマッサージ
・ストレイン・カウンター・ストレイン
・ドライ・ニードル(西洋式鍼)
・Onsen Techniques® 
  アメリカ発の整体技術
・リハビリテーションエクササイズ
(フィットボールなど)
・スポーツテーピング
(ケガ治療、リハビリのサポート)

などを取り混ぜた
症状と原因にアプローチする
”評価ベースの統合的な治療”
を目指しています

今でも初心を忘れず
毎日が修行と勉強です

仕事・仕事の毎日ですが、
趣味は料理

特にお菓子作りが大好きで
シュークリームから
大福・どらやきまで
作れます!

ホームページへも
遊びにいらして下さい!

http://www.beyondmassage.jp

セラピー・ケガ治療だけでなく
その他いろいろな
ゴールドコースト情報も
アップしていきますので
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。